オススメリンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年11月
     
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

少ない

前後

虫歯治療というと、痛みを伴うことが多いため、歯科医院を訪れることを躊躇するという人も多いようです。
しかし、最近では虫歯の無痛治療を実施している歯科医院が増えてきています。
無痛治療では、まず麻酔に使用する針を細いものに変更しています。
針の太さが細いほど、感じる痛みは少なくなります。
そして、麻酔の針を歯茎に刺す際に痛みを感じることがないように、前もって表面麻酔を施すようにしています。
これは、貼るタイプや塗るタイプなどがあります。
表面麻酔をしてから、約5分程度経過後に麻酔を行いますが、痛みはほとんど感じることはありません。
さらに、麻酔を注入する速度を専用の装置を使用してコントロールすることによって、痛みを和らげることが可能になります。
歯を削らず、抜かず、神経を残すように心掛けた虫歯治療により、治療時の痛みが少なく、歯を健康に保つことが出来ますが、保険の適用外であるため通常の治療よりも費用は多く掛かります。

不安やトラウマ

歯科嫌いという方は多いです。
嫌いの理由は子どもの頃のトラウマと大人になって不安症などの疾患によって嫌いになる場合があります。
どのような理由があっても虫歯は治療をしなくては絶対に治りません。
痛み出し慌ててオーラルケアをしても、神頼みをしても後の祭りです。
しかし、今の虫歯治療は昔と違って各段に良くなっています。
名医には確かな技術が必要ですが、最新の技術を取り入れることも重要です。
キャリアが長ければ名医とはなりません。
いくら腕が良くても治療機材が古いと患者への負担は大きいです。
分かり易く言えば胃カメラがそうです。
たとえ外科医の腕がよくても古い胃カメラでは口径も大きく撮影精度も劣ります。
このことは歯科の世界でも言えます。
長年にわたり地域に根付いた歯科医は信用はありますが、最新の施設を使いこなす新米の歯科医と比べどちらが患者のためになるか考えれば明らかです。
歯科嫌いは根性で治る時代ではありません。
無痛治療で治す時代です。
無痛治療は痛みの少ない治療法として開発されましたが、今では歯科嫌いの救世主になっています。
歯科医院に行くだけでドキドキする・汗をかぐ・吐き気がする方には笑気吸入鎮静法があります、これは鼻から笑気ガスを吸入してリラックス状態にするもので9割の方はこの方法で対処できます。
費用も保険が使え1回千円ほどで済みます。
恐怖心が強い方には静脈内鎮静法や全身麻酔法などもあり、各患者さんの状況にあわせ対応をしてくれます。
これら無痛治療は特別な装置が必要で、全ての医院にあるものではないため事前の確認が必要です。